« 西東京市の人口について考えてみた | トップページ | 西東京市庁舎駐車場の有料化について »

2010年12月29日 (水曜日)

西東京市議会議員選挙について感じたこと

平成22年12月26日、西東京市議会議員選挙が執行された。議席数28に対して候補者は34名、6名しか落選しないので十分に民意が反映されるかどうか疑問であった。

有権者の一人として、最も信頼できる候補者を選ぶため、日常生活で集まる情報はとりあえずファイリングしておいた。ここでいう日常生活というのは、特別な情報収集をせずに、日々の通勤や買い物等で街に出た際に配布されるチラシや聞こえてくるスピーチ、噂等である。

残念なことに、選挙運動期間中に田無駅前や自宅の郵便受け等を通じて配布された候補者のプロフィール等はたったの9名分。他の候補者の方々はどこで何をしていたのだろうか?他の時間、あるいは、他の駅頭で選挙活動をしていたのであろうか?

インターネット等を通じて積極的に情報を集めれば、もっといろいろな候補者が何を主張しているかを知ることができたかもしれない。しかし、普通の市民が、普通に生活していただけでは候補者の情報があまりに入らないことに愕然とした。私は特殊な生活をしていたわけではない。平日は朝8時前後に田無駅から都心へ向かい、夜7時から12時の間に田無駅から帰宅する、週末は田無駅界隈、あるいは田無駅から西武鉄道で他の街へ移動するというごく普通の生活をしていると思っている。

今回、特に候補者の情報を積極的に集めることをしなかったが、実は、普段から市議会議事録は目を通しているので、現役候補であれば、どのような主張、行動をしているかは知っていた。それでもいざ選挙で一人に投票するとなるとあまりの情報の少なさと、どの候補が信頼できるかを吟味するのに相当な時間を要した。

市議会議員、市議会議員候補は普段からもっと積極的に情報発信すべきだとこの時ほど強く感じたことはなかった。候補者は、自らの主張や活動を、日ごろから情報発信することが重要である。実際、今回、トップ当選を果たした現職の無所属候補は、年がら年中街頭演説をし、自らの活動を記したチラシを配布している。彼の主張に共感できるかどうかは人それぞれだと思うが、少なくとも情報発信という点では多くの人が評価する声を直接聞いている。今回の選挙で、誰に入れてよいのかわからないという声を多く聞いたが、結局はわかりやすい候補者に票を投じたということだろうか?

今回、私が難しいと感じたことは他にもある。少なくとも9名のチラシは手元にあり、そのいくつかは耳触りの良いことが書かれていた。ある候補の主張は、とても魅力的であったが、実行力が伴うかどうかは全くの未知数であった。私は大きな夢は持つべきだと思っているが、財源の裏付けが疑問であったり、そもそも西東京市ではなく、東京都や国がなすべき施策を掲げているケースなど、本当にできるのかどうか甚だ疑わしいものもあった。実際、民主党政権は、多くの国民の期待とは裏腹に、少なくとも現時点においては、十分な成果を上げていないように見える。それであれば、地味であっても現実的な主張の候補に投票しようか、それとも、夢にかけてみようかと選挙当日までなかなか意思決定が出来ずにいた。本当に難しいと感じた。

私が誰に投票したかは別にして、28名の市議会議員の顔ぶれが決まった。
これからは、私たちの街をよくするために、市議会議員の方々が十分な活躍ができるよう応援していきたい。
また、市議会議員の方々には、是非積極的な情報発信をお願いしたい。

手元のチラシ、プロフィール等はPDF化して保管しておくつもりだ。任期が終了するときに、改めて検証したい。

追伸:
選挙前の2,3日は田無駅は複数候補者が道行く人に挨拶をしていて、非日常的な感じがした。そして選挙が終わった翌日、田無駅前に立っていたのは、再選を果たした現職ただ一人であった。他の方々はきっと開票が深夜に及んだので、お疲れであったことと思う。

|

« 西東京市の人口について考えてみた | トップページ | 西東京市庁舎駐車場の有料化について »

コメント

はじめまして。
南口利用者です。

早い人は数週間前から自分の名前と朝の挨拶を連呼してましたね。
政策やビジョンみたいなことは一切なし。ただ名前だけ。

投票日翌日からはぱったりといなくなりました。
それこそ感謝のことばと任期中の決意を聞きたかったものです。

とくに、薬物乱用の講演もしながら、薬物利用で実刑を受けたタレントさんのバックダンサーなんていう経歴を披露している現職さんのことです。
(私は投じてませんが…。)

投稿: てっし | 2011年1月13日 (木曜日) 18時46分

てっしさん、こんばんは。
よくわかりませんが、ただ名前を連呼することが票につながるのだと思います。
誰に投票するか?政策やビジョンをじっくりと吟味して投票する人もいるでしょう。
その反面、知人であったり、知人の紹介であったり、あるいはよく見かけるからという理由で投票する人、かたくなにひとつの党を支持し続ける人(自民、民主、公明、共産その他)もいるでしょう。
終わったことを言っても仕方が無いので、市議会議員の方々には、是非、日々の活動を街頭、インターネット、様々な場面で報告していただきたいと説に願っています。

投稿: tanashi | 2011年1月13日 (木曜日) 23時15分

ご無沙汰しております。
市議会議員選挙はいろいろと感じるところがありましたが、今回当選した方々が今後4年間市政を担っていくので、是非西東京市をよい方向に導いて頂きたいと願います。

そして選挙以外の時も是非市民を意識して議員活動して頂きたいですね。近隣市にはきちんと自分の意見を発信しながら、議員活動してらっしゃる議員さんがいらっしゃいますが、西東京市はどうでしょうか。。もっと増えて欲しいと思います。

一方市民も市政にもっともっと関心を持たなければ行けないのだと思います。
議員さんに舐められないように、騙されない様に、市議会議員の活動をよくよく観察していないといけませんね。
市民が目の肥えた審判員であるならば、西東京市議会議員はきっと4年間全力で職務を全うしてくれるのだと思います。

投稿: フシミヤマ | 2011年2月13日 (日曜日) 15時16分

フシミヤマさん、こんばんは。
まったくご指摘のとおりだと思います。私たち自身が目の肥えた審判員として、意思表示をしていく必要があります。まあ、4年後にどうだったのか、しっかりと評価して見ましょう。手元に届いた選挙チラシは電子化して保存してありますので、きちんとやれていたのか?それとも別の方向へ行ってしまったのかを確認するつもりです。

投稿: | 2011年2月13日 (日曜日) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7607/50434593

この記事へのトラックバック一覧です: 西東京市議会議員選挙について感じたこと:

« 西東京市の人口について考えてみた | トップページ | 西東京市庁舎駐車場の有料化について »