« 意外と金持ちが多い? -西東京市- | トップページ | 存在感の大きいASTA/LIVIN »

2006年6月21日 (水曜日)

西武鉄道 平成17年度駅別乗降人員

2006年6月20日、西武鉄道のWebサイトで平成17年度駅別乗降人員が公開された。平成17年度の田無駅の1日あたりの平均乗降者数は73,783人で西武鉄道の全駅の中では第8位、西武新宿線では第4位である。断トツに多いのは池袋駅で511,078人、高田馬場駅(274,488人)、西武新宿駅(195,171人)が続いている。昨年までマンションラッシュが続いたひばりヶ丘駅は66,033人(第12位)で田無駅には及ばないが、前年度の64,940人と比べ2%の伸びを示している。

田無の場合は、平成17年3月に巨大マンションが誕生したが、この数字には載ってきていないはずであるが、田無の場合も前年度比102%で順調に伸びていることが見て取れる。西東京市が発表する人口統計を見ても田無駅周辺エリアの人口は増加しているので、来年度も乗降者数は伸びると見てよいだろう。

西東京市エリアで見ると、西武柳沢駅は前年度比99%で減少しているが、それ以外の保谷駅(101%)、ひばりヶ丘駅(102%)、東伏見駅(102%)、田無駅(102%)と伸びており、西武鉄道にとってはプラスの要因のはずである。乗降者数の伸びが西東京市の人口の伸びとどの程度相関があるかはわからないが、しばらく西東京市の人口が伸びるという推計があることを考えると、西武鉄道の駅利用者もしばらくは増加すると推測してよいのではないか。だとすれば、西武鉄道には、地域との共存共栄を考え、サービスの向上や利便性の向上を積極的に進めていって欲しいと思う。特に西東京市内には22箇所の踏切があると聞いている。連続立体交差化までは望まないが、東京都や西東京市と連携を図り、可能な箇所から踏切拡幅等、利便性と安全性を向上させる対策を進めていただきたいと強く希望する。

|

« 意外と金持ちが多い? -西東京市- | トップページ | 存在感の大きいASTA/LIVIN »

コメント

今回の阪神・阪急の経営統合を皮切りに今後大手鉄道会社の合併や統合が増えるのではないかと考えられています。先日の日経新聞にも同様の記事が出ており、数年後に再上場するであろう西武鉄道(西武HD)の株をどこが取得するかということに業界では注目が集まっています。個人的には西武鉄道は東急電鉄に統合されるのではないかと思います。東急としても念願の新宿・池袋進出が果たせますし、西武新宿線の新宿駅乗り入れが果たせなかったのは裏で東急の力が働いていたという話もあるくらいなので、沿線の利便性も向上すると思います。何よりも我々の通勤電車名が「東急新宿線」となればブランド力も上がるし、沿線開発にも期待できそうな気がします。近い将来実現しないかな・・・。

投稿: 平和 | 2006年6月27日 (火曜日) 16時49分

平和さん、こんばんは。
東急電鉄とは東京メトロ13号線経由で西武池袋線とつながるのですよね。直通運転すると聞いています。西武と東急ではやっぱり東急のほうがブランド力は上でしょうか?バブル絶頂期は西武VS東急などといわれ、西武のブランド力もそれなりに高かったのですが。堤義明氏がフォーチュンに載り、西武ライオンズが人気があり、各地のプリンスホテルに宿泊することは憧れでしたね。
さて、統合ですが、まったくの素人の妄想ですが、西武多摩川線をJR東日本に売却、西武秩父線を秩父鉄道に売却ではないでしょうか?西武多摩川線はJR中央線と整合性が高く、沿線住民はJR中央線に接続することなしには都心部へ出られません。(京王線という手もありますが) 西武秩父線は乗降者数が極端に少なく、また減少傾向にあり、採算性に不安があります。まあ妄想ですのでわかりません。

投稿: tanashi | 2006年6月27日 (火曜日) 23時02分

20年前程前の西武は確かにすごかったですね。パルコのやLoftのある街に憧れました。ライオンズは常勝軍団で清原が打ち、秋山が宙を回っていました。
そして今、西武王国は風前の灯火となり、沿線は開発から取り残され、残ったものは駅前にある古びた西友です。今回の阪神と阪急の関係から見て明らかに東の阪急は東急で、阪神が西武だと感じます。ご存知だと思いますが東急の五島慶太は阪急の小林一三から沿線開発のノウハウを得ました。駅のターミナル化や沿線にレジャー施設や大学を誘致することによる乗車率のUP。そして沿線を高級分譲地として売却するノウハウは阪急の考えたものです。一方、西武は沿線に工場を誘致することで乗車率をUPさせようと考えました。それは阪神も同じです。阪神は今までタイガース人気に頼っていましたが、数年前にやっと梅田の土地の再開発に取組み始めました。一方西武は沿線開発ではなく軽井沢や大津に代表されるように沿線外での開発に力を入れつづけました。結局、現時点での評価としては本業の鉄道事業とその沿線開発に力を入れた東急や阪急が勝ち組みで、沿線事業を怠った西武や遅れをとった阪神が負け組みとなっています。
是非とも今後は西武鉄道により一層の沿線開発に力を入れていただきたいと思います。もしそうでなければ、沿線住民としては西武が東急に買収されることを望みます。

投稿: 平和 | 2006年6月28日 (水曜日) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7607/10625684

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道 平成17年度駅別乗降人員:

» 西武鉄道「駅別乗降人員2005年度(1日平均)」が公表される [☆★「鉄道&食べ歩き」私的写真生活★☆]
<撮影:DMC-FZ7> 西武鉄道が6月20日に自社HP上で、昨年度の駅別乗降人員を発表した。 傾向としては全体では乗降客数減少傾向から増加傾向へ。 全線で1日平均3,326,698人の乗降客数は前年比101%の水準である。 個別で目に付いた部分としては、池袋線の増加傾向が顕著であること。 椎名町・東長崎などの各駅停車区間の駅の減少傾向が底を打ったこと。 練馬・秋津・小竹向原(この駅は通過人員を乗換え扱い)など、 乗換え駅では引続き増加傾向が強いこと。 などが挙げられる。..... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日曜日) 16時14分

« 意外と金持ちが多い? -西東京市- | トップページ | 存在感の大きいASTA/LIVIN »